宮川の歴史

HISTORY

全国で見かける焼鳥屋にはルーツがある。

1949年、東京都中央区日本橋にて、鶏肉専門店の卸問屋からスタートした「やきとり宮川」。
やきとり宮川には「老舗の証」としての系譜があります。
ただ「うまい」をもとめて68年、今日も「うまい」がうまれるために私たちは妥協しません。やきとりの味は、仕込みで8割決まります。新鮮な鶏肉を丁寧に手仕込みで1本1本刺しております。
当たり前のことですが、この当たり前のことをやきとり宮川では創業から続けているのです。

宮川商店の沿革

昭和 24年
東京都中央区日本橋茅場町にて創業
昭和 26年
有限会社設立
昭和 30年
主な御取引先
エアポートレストラン・たいめいけん・不二家チェーン他
昭和 44年
飲食部として「やきとり宮川」開業
昭和 59年
新社屋第一ビル竣工
昭和 61年
第二ビル竣工
昭和 63年
第三ビル竣工
平成 元年
卸部配送を自社と委託と2分化する
平成 2年
半加工品等アウトソーシング事業を開始する
平成 4年
食鶏肉以外に、牛、豚も取り扱い品目とする
平成 16年
飲食部リニューアルオープン
平成 19年
やきとり宮川 溜池山王をオープン
平成 23年
やきとり宮川 四ツ谷をオープン
平成 24年
やきとり宮川 大手町をオープン
平成 26年
やきとり宮川 豊洲をオープン
平成 29年
鶏の宮川 赤坂インターシティAIRをオープン
宮川食鳥鶏卵(築地)
ページトップへ
ページトップへ